お問い合わせ

株式会社製紙原料佐藤商店では、メールやお電話での求人ご応募・お問い合わせを承っております。
メールでのご応募・お問い合わせはご返信までお時間がかかる場合もございますので、お急ぎの方はお電話にて直接ご応募・お問い合わせ下さい。
尚、ご応募・お問い合わせの際は、下記プライバシーポリシーをご確認ください。

ご用件 ※必須
お名前 ※必須
ふりがな ※必須
E-mail ※必須
TEL ※必須 - -
FAX - -
プライバシーポリシー ※必須
お問い合わせ内容 ※必須

プライバシーポリシー

お預かりした個人情報は、個人情報保護法に基づき管理致します。
お問い合わせの際は下記の「個人情報保護方針」をご確認ください。

個人情報保護方針
  • 個人情報の利用目的:お問い合わせへの回答にご利用させていただく場合があります。
    ここで得られた個人情報は本人の同意無しに、上記の目的以外では利用いたしません。
  • 法令に基づく場合を除き、本人の同意無しに第三者に対しデータを開示・提供することはいたしません。
  • 本人からの請求があれば情報を開示いたします。
  • 公開された個人情報が事実と異なる場合、訂正や削除に応じます。
  • その他、保有する個人情報の取扱に関して適用される法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守いたします。

よくある質問

よくある質問一覧

 
Q.機密処理はどの処理が安心に処理できますか?

A.弊社提供するサービスの中では、出張裁断が最もセキュリティが高く安心なシステムです。

 
Q. 個人情報の社内教育はどのようにしていますか?

A.弊社では社内教育は集合教育で行っており機密情報管理をテキスト教育し理解度テストにて測定しています。

 
Q.機密書類を持ち込むとすぐ処理してもらえますか?

A.弊社では機密処理は予約制となっております。事前連絡を頂き予定が合えば即時裁断も可能になります。(予定確認をお願いします。)

 
Q.機密書類は、本当に安全に処理されていますか?

A.弊社では、岡山県内機密処理出張細断をお勧めしています。
お客様の目の前で機密処理細断し抹消いたします。
セキュリティをお考えの方にお勧めです。

 
Q.機密書類は漏洩の心配はないのですか。

A.漏洩リスクはどこでも存在します。自分で行うことが原則ですが、委託する場合委託業者の選定から始まります。そして従業員まで細かに監視監督が必要です。弊社の機密処理出張裁断システムではそういったリスクの軽減が可能です。

 
Q.古紙は適正にリサイクルされていますか?

A.岡山県内の古紙を安定的にリサイクルしており弊社では品質マネジメントシステムで管理しています。
古紙に残存する禁気品を取り除き古紙をリサイクルしやすい状態にしています。

 
Q.古紙リサイクルは環境に優しいのですか?

A.古紙リサイクルは環境にやさしく森林伐採の軽減にもつながります。
国内の古紙は国内でリサイクルをするのが基本です。
輸出をすることにより国内古紙が不足しないようにリサイクルすることが大切です。
弊社でも環境マネジメントシステムで管理しCO2削減を心がけています。

 
Q.営業日・営業時間は何時までですか?

A.年中無休です。8時から17時までの営業です。

 
Q.雑がみはどのようにして出せばいいですか?

A.紙袋に入れて飛散しないようにして出して下さい。

 
Q.どのような物まで取ってもらえますか。

A.紙製のものであればほぼ取れますが、カーボン紙・色つきの紙・塗料付き・油付き・ビニール付きなどその他にも取れないものがあります。不明な物があればお問い合わせください。

 
Q.貴社は、チリ紙交換ですか?

A.弊社は、チリ紙交換ではなく製紙原料問屋です。

 
Q.貴社では、輸出はしていますか?

A.弊社では、1割程度ですが輸出むきに古紙出荷しています。大半は国内メーカーへ出荷しています。

 
Q.リサイクルを推進する上でどの様なことを気を付ければいいですか。

A.とにかく選別に力を入れることです。現在引き取ってきた古紙の中にもいろんなものが混在しています。新聞・雑誌と細かい選別がカギを握ります。後は品質です。選別はしなくていいといわれる業者は要注意品質の悪いものは国内メーカーは引き取りません。国内のものは国内で処理を怠ると国内に原料が少なくなり海外からの輸入に頼らなくてはならなくなります。木の伐採をなくするためにも国内リサイクルが大切です。

 
Q.どんな仕事をしているのですか?

A.古紙持ち込み集荷及び古紙引き取り集荷です。不要な古紙を取りに行ったり、引き取りに行ったりして集めてきた古紙を選別して圧縮梱包しています。

 
Q.できた物はどこへ行くんですか?

A.圧縮梱包古紙は運送会社により製紙会社に搬送され溶解され繊維を取り出し製品になります。

 
Q.古紙のリサイクルは、これからどうなりますか?

A.古紙じたいの需要は、増えると予測されます。しかし、古紙集荷の回収競争も増加しますが、10年後には古紙じたいの発生も減少することが懸念されています。要因は電子媒体の普及(ipod・ipad他)です。記録作業が電子化されることにより紙の発生は激減します。機密文書の発生も減少すると考えられます。ですから限りある資源をリサイクルすることが大切です。

 
Q.古紙リサイクルは、どういう流れでリサイクルされるのですか?

A.基本的に家庭から出る古紙は、ちり紙交換や廃棄物業者や市町村の行政にわたり弊社のような製紙原料問屋に古紙が下され加工されて製紙会社にわたりリサイクルされています。
また企業などから排出される古紙については専門業者及び廃棄物業者により製紙原料問屋に運ばれ古紙を加工し製紙会社へ運ばれリサイクルされます。
その後古紙は段ボールや雑誌や新聞やトイレットレットペーパーなどになります。

 
Q.家庭から出る機密書類は処理してもらえますか?

A.弊社では家庭から出る機密書類も処理いたします。 しかし、機密処理料金は発生いたします。お問い合わせください。